ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    c4705fdd-s
    1: 風吹けば名無し 2019/05/20(月) 00:06:01.39 ID:vRrgBwm3r
    松坂大輔(19)防2.60 16勝 *5敗 180.0回 151奪三振 *6完投 最多勝、新人王、B9、GG
    松坂大輔(20)防3.97 14勝 *7敗 167.2回 144奪三振 *6完投 最多勝、最多奪三振、B9、GG
    松坂大輔(21)防3.60 15勝 15敗 240.1回 214奪三振 12完投 最多勝、最多奪三振、B9、GG、沢村賞
    松坂大輔(22)防3.68 *6勝 *2敗 *73.1回 *78奪三振 *2完投
    松坂大輔(23)防2.83 16勝 *7敗 194.0回 215奪三振 *8完投 最優秀防御率、最多奪三振、GG
    松坂大輔(24)防2.90 10勝 *6敗 146.0回 127奪三振 10完投 最優秀防御率、GG
    松坂大輔(25)防2.30 14勝 13敗 215.0回 226奪三振 15完投 最多奪三振、GG
    松坂大輔(26)防2.13 17勝 *5敗 186.1回 200奪三振 13完投 GG

    【松坂大輔(19)防2.60 16勝5敗 180.0回 】の続きを読む

    20190519-00000240-spnannex-000-2-view
    1: 風吹けば名無し 2019/05/20(月) 15:46:50.22 ID:ZebL/qoCd
    日本野球機構(NPB)は20日、5月のセ・リーグ、パ・リーグ「大樹生命月間MVP賞」の候補選手を発表した。


     セ・リーグの投手部門は広島・ジョンソン、アドゥワ誠、DeNA・今永昇太、大貫晋一、広島・大瀬良大地、ヤクルト・高梨裕稔、巨人・菅野智之、中日・清水達也。

     野手部門は中日・高橋周平、巨人・丸佳浩外野手、坂本勇人内野手、ヤクルト・青木宣親外野手、DeNA・宮崎敏郎内野手、筒香嘉智外野手、広島・鈴木誠也外野手、西川龍馬内野手、バティスタ外野手、中日・ビシエド内野手。

     パ・リーグの投手部門はソフトバンク・千賀滉大、大竹耕太郎、ミランダ、ロッテ・涌井秀章、二木康太、オリックス・榊原翼、山本由伸、K-鈴木、増井浩俊。

     野手部門は西武・秋山翔吾外野手、山川穂高内野手、ソフトバンク・グラシアル内野手、デスパイネ外野手、ロッテ・鈴木大地内野手、日本ハム・西川遥輝外野手、オリックス・大城滉二内野手、楽天・銀次内野手。

    【5月のMVP候補選手が発表 中日からはビシエド・高橋・清水が選出】の続きを読む

    20190516-00000067-tospoweb-000-2-view
    1: 風吹けば名無し 2019/05/16(木) 22:33:37.48 ID:sP9AG3oW0
    中日・松坂 二軍練習日のゴルフでペナルティー「自覚が足りませんでした」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000067-tospoweb-base

     右肩を痛めてリハビリ中の中日・松坂大輔投手(38)が二軍練習日にもかかわらず、ゴルフに行っていたことが発覚し、球団からペナルティーを受けていたことが16日、分かった。

     17日発売の写真週刊誌「フライデー」で掲載される「松坂大輔リハビリ中にゴルフ満喫」の記事が発端。
    松坂は関東でリハビリ治療をしたいと申し出て名古屋を離れていた際に、千葉県内のゴルフ場で日本テレビ・上重聡アナウンサーらとプレーしたという。
    球団はシーズン中でも休日のゴルフは禁止していないが、その日は二軍練習日だったため処分となった。

    【中日・与田監督「リハビリ中にゴルフやってていいのかと、一般常識的にも言われやすい」】の続きを読む

    200801240012_ex
    1: 風吹けば名無し 2019/05/20(月) 14:44:24.52 ID:YhJ9Hg5t0
    日本プロ野球選手会は20日、今季開幕時の支配下登録選手(外国人選手は除く)を対象とした年俸調査結果を発表した。

     球団別の平均年俸は、巨人が6926万円で4年ぶりに1位。前年まで3年連続1位だったソフトバンクは6538万円で2位だった。12球団の最下位はオリックスの2654万円。

     全731選手の平均は3985万円(出来高払い除く)で前年比0・8%増。過去最高となった。セ・リーグは平均4127万円、パ・リーグは3845万円。

    【プロ野球年俸調査 中日は12球団中11位】の続きを読む

    このページのトップヘ