ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    2017年12月

    img_cd9d14c558726d3810ef6ce3818ff0bb287377
    1: 風吹けば名無し 2017/11/18(土) 14:14:17.52 ID:ZGsRwrjip
    野口
    g8827392

    【野球見始めた頃の中日のエースwwwwxwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    AS20170328000624_comm
    1: 風吹けば名無し 2017/12/30(土) 02:37:38.12 ID:XpUm1Fpm0
    右腕
    生田目 翼(日本通運)176cm84kg MAX155km
    栗林 良吏(名城大) 177cm77kg MAX153km
    梅津 晃大(東洋大) 187cm92kg MAX153km 
    甲斐野 央(東洋大) 185cm75kg MAX152km
    東妻 勇輔(日体大) 170cm70kg MAX152km
    松本 航 (日体大) 176cm85kg MAX150km 
    吉川 峻平(パナソニック) 183cm77kg MAX148km
    青島 凌也(東海大) 178cm78kg MAX148km

    左腕
    高橋 優貴(八戸学院大)178cm74kg MAX151km
    鈴木 翔天(富士大) 185cm80kg MAX149km
    富山 凌雅(トヨタ自動車)178cm82kg MAX147km

    捕手 
    野村 大樹(早稲田実)172cm82kg 右右 遠投100m 50m6秒4(捕手・三塁手) 

    内野手 
    根尾 昂 (大阪桐蔭)177cm76kg 右左 遠投110m 50m6秒1(遊撃手・投手・外野手) 
    小園 海斗(報徳学園)178cm73kg 右左 遠投110m 50m5秒8(遊撃手) 
    中川 圭太(東洋大) 180cm75kg 右右 遠投100m 50m6秒2(二塁手) 

    外野手 
    藤原 恭大(大阪桐蔭)181cm78kg 左左 遠投100m 50m5秒7 
    野村 佑希(花咲徳栄)185cm87kg 右右 遠投100m 50m6秒8(外野手・投手) 
    辰己 涼介(立命大) 180cm70kg 右左 遠投120m 50m5秒8 
    笹川 晃平(東京ガス)182cm86kg 右右 遠投120m 50m6秒1 
     
    【来年のドラフト1位候補 東海地方の逸材達が話題に】の続きを読む

    20170720-OHT1I50011-T
    8: 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 11:39:24.40 ID:VuFARBeq0
    中日 
    1 鈴木博志 投 ヤマハ 右右 
    2 石川翔 投 青藍泰斗高 右左 
    3 高松渡 内 滝川二高 右左 
    4 清水達也 投 花咲徳栄高 右右 
    5 伊藤康祐 外 中京大中京高 右右 
    6 山本拓実 投 市立西宮高 右右 
    【【石川翔】来年に向けて2017年ドラフトを振り替える【山本拓実】】の続きを読む

    DSUmGBcUIAAdRCK
    1: 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 08:54:29.48 ID:exHwgxoKp
     高性能弾道測定器「トラックマン」が、来季からナゴヤドームに導入されるが、チームきっての頭脳派、福谷浩司投手(26)は、すでに予習済みだと明かした。
     「興味のある分野だし、球団で導入が決まったというので、データの生かし方を勉強したかった」と、12月上旬にデータ分析会社を個人的に訪れ、数値の読み方を勉強
     トラックマンは軍事用レーダーの弾丸追尾システムを応用し、投球や打球の回転数、角度、飛距離などを計測できる。
    MLBでは全球場が導入済みで、日本でも今季までに7球場に加え、来季から中日、阪神、ロッテが設置する。
     ただし、膨大な数値の羅列を見ただけでは、データを生かせない。
    楽天など先行球団は専門の部署とアナリストが分析している。福谷は慶大理工学部で学び、自身の投球フォームを研究材料に「投球動作における球の出所の見づらさの定量化」という卒論を書いた投げる理系。
    それでも「回転数が多い方がいい真っすぐというわけではないことが分かった、今までとは違う考え方があることを知って、すごく興味深かった」と、新鮮だった。

    【福谷、来季導入のトラックマンのデータ解析にやる気満々 データ分析会社を個人的に訪れて勉強】の続きを読む

    このページのトップヘ