ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    2018年12月

    no title
    1: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 08:43:00.72 ID:ZDg68k6z0
    新婦に誓った五輪出場!! 中日・笠原祥太郎投手(23)が29日、新潟市内で菜々美夫人(24)と挙式、披露宴を行った。
    1月に結婚して迎えた2年目は、チーム2位タイの6勝をマークし、侍ジャパン入りも果たした若き左腕。
    3年目の来季に1年間ローテを守ってキャリアハイの成績を残し、2020年の東京五輪で再び日の丸を背負う意欲をにじませた。

     雪のちらつく新潟で愛を誓い合った。真っ白のタキシード姿の笠原と純白のウエディングドレスをまとった菜々美夫人がゆっくりと歩みを進めた。
    実直で寡黙、ぼくとつで恥ずかしがり屋の新潟県人らしく、控えめに将来を見据えた。

     「侍には、まだ1回選ばれただけ。来年以降、しっかり活躍することが大事。その先にそういうの(日本代表)がついてくればいい」。
    一家のあるじとして、菜々美夫人を養っていかなければならない。そのためには、来季、さらなる飛躍を遂げるだけだ。

     1月に菜々美夫人と結婚した今季は、一流への足掛かりをつかんだシーズンになった。初めて開幕ローテを勝ち取ったが、不調で出場選手登録を抹消された。
    しかし、後半戦は先発ローテの一角として6勝(4敗)をマーク。11月の日米野球で野球人生で初めて日の丸を背負った。
    充実した2年目に「結果的に貯金で終われてよかった」と胸をなで下ろしていた。

    侍ジャパンは来年11月にプレミア12が日本で開かれ、翌2020年東京五輪へと向かう。選ばれるためには、来季のパフォーマンスが大前提。
    今季は2度、出場選手登録を抹消されただけに「今年は1年間ローテを守れなかった。来年はローテを守って、今年以上の成績を残したい」と力を込めた。
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201812/CK2018123002000076.htm
    no title

    【【祝報】中日笠原、出身地の新潟で挙式&披露宴 妻に誓った 東京五輪必ず出る!】の続きを読む

    kyd_970571_origin_1
    1: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 17:23:47.37 ID:k/R24xBx0
    意味あるの?

    【ホームラン王、打点王とかいう狭い球場本拠地の選手がクソ有利な欠陥タイトル 】の続きを読む

    DV0NMZuUMAAbCgt
    1: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 19:16:44.09 ID:0q7pRi2t0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000011-tospoweb-base
    中日にドラフト1位入団した根尾昂内野手(大阪桐蔭)に竜ナインの間で“弟子入り志願者”が続出中だ。
    京田は「僕もバスの移動とか、キャンプ中の夜は読書タイムにしたいので、面白い本とか、お気に入りの本を1冊貸してほしいと言おうかな。何かそういうところからも野球のヒントになれば」と意欲的に話す。
    来季、8年目を迎える高橋は「根尾君って、頭いいんですよね。僕もいい方だけど」と興味深々だ。

    【【朗報】中日高橋周平、頭が良かった 】の続きを読む

    DCliotFU0AA1uz5
    1: 風吹けば名無し 2018/12/27(木)21:17:12 ID:j5N
    今年の中日投手陣の防御率を参考に調べてみた
    全試合の防御率→ナゴドの防御率

    【ナゴヤドームは本当に投手有利な球場なのか検証】の続きを読む

    20181230-00273882-fullcount-000-3-view
    1: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 14:16:26.37 ID:3KQJol2l0
    中日の新外国人エンニー・ロメロ投手が29日(日本時間30日)、ドミニカ共和国で行われているウインターリーグで先発し、6回を無安打無失点と快投した。
    3点リードの場面で降板したが、直後にチームは逆転されて勝ち星ならず。チームは結局、延長12回の末にサヨナラ勝ちを収めた。

    【動画】中日期待の新助っ人ロメロは剛腕左腕…“武器”は160キロ超の剛速球!

     レオネス・デル・エスコヒードに所属するロメロは、この日、首都サントドミンゴにあるエスタディオ・キスケージャを本拠球場として分けるティグレス・デル・リセイ戦に先発。
    3回と4回に四球を与えたが、6回を73球で投げ終えて無安打無失点と快投した。

     一時はエスコヒードがリードしていたが、7回に逆転を許すと、8回に同点に追いつき、勝負を振り出しに戻した。
    直後の9回のマウンドには7番手として元巨人のアルキメデス・カミネロが登板。3者凡退に抑えると、10回も3者凡退のパーフェクト救援を見せた。

     試合は延長12回にエスコヒードがサヨナラ勝ち。エスコヒードには元ロッテのジミー・パラデスもDHとして出場し、5打数1安打だった。

     ロメロはこの日で防御率を1.64とし、順調なオフを過ごしている様子を伺わせた。

    【中日新外国人ロメロ、6回無安打無失点 通算防御率は1.64に】の続きを読む

    このページのトップヘ