ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    タグ:オープン戦

      mixiチェック
    20180305-00110490-fullcount-000-3-view
    1: 風吹けば名無し 2018/03/05(月) 17:24:19.94 ID:bZ5uk+drp
    この日は入団テストの末に加入した松坂大輔投手が本拠地で初登板した。大きな注目を集めた右腕の“デビュー戦”は、2回にアマダーに2ランを浴び、2回2安打2失点。
    それでも、最速144キロをマークし、及第点の内容にファンからは大きな歓声、拍手が送られた。 

     ただ、松坂の降板後、試合は大乱戦に。2番手でマウンドに上がった新助っ人のオネルキ・ガルシアが2回を投げて4安打1本塁打で5失点。
    4番手で登板した、こちらも新助っ人のディロン・ジーも2回4安打3失点と苦しんだ。ただ、2人の外国人投手の出来について、森繁和監督は「外国人は少し苦しんだほうがいい。
    日本の野球を舐められたら困るので。ボークとかもあったし、練習しないといけないということ」と語り、今後の出来を見ていくこととした。
     

    【【中日】本拠地で2試合連続大量失点の中日・森監督、ファンに「我慢」をお願い 】の続きを読む

      mixiチェック
    PK2018030402100039_size0
    1: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 03:03:55.96 ID:LQUxBVsc0
    1試合目 6-0
    2試合目 9-1

    合計 15-1

    得点圏打率 .067

    【【中日】オープン戦2試合のチーム得点圏打率】の続きを読む

      mixiチェック
    20180226-00135891-nksports-000-2-view
    1: 風吹けば名無し 2018/02/26(月) 07:46:49.71 ID:KZ4ds26SH
     中日松坂大輔投手(37)が今日26日に移籍後初の実戦登板に臨むことが25日、分かった。韓国・ハンファとの練習試合(北谷)の2番手で1イニングを投げる予定。首脳陣に志願し、ソフトバンク時代の昨年3月25日の広島戦以来のマウンドに向かう。

     初実戦は、3月4日の楽天とのオープン戦(ナゴヤドーム)が濃厚だったが、本拠地のマウンドに立つ前に、遠ざかっている実戦感覚を確かめたい思いがあった。21日には初の打撃投手を務め、45球で安打性は5本。状態が良いからこその“前倒し”でもある。

     この日は阪神戦の試合中にブルペン入り。雨でノーゲームとなり、登板予定だった両チームの投手が調整投球のためブルペンになだれ込んできた。Tシャツと短パン姿だった松坂は「本当はもっと長く投げたかったけど、ユニホームを着てない僕がいたら気まずいでしょ」と約20球で手を止めた。それでも、表情は明るい。「平成の怪物」がいよいよ、中日デビューを果たす。

    【中日松坂、今日実戦デビュー 志願の338日ぶり登板 】の続きを読む

      mixiチェック
    20180221-00000264-sph-000-5-view
    1: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 06:11:15.13 ID:ypTrVp0X0
    中日・松坂大輔投手(37)=ソフトバンク=が21日、沖縄・北谷キャンプでフリー打撃に初登板した。
    打者2人に45球。計29スイングのうち安打性の打球5本に封じた。
    今後は、3月3日の楽天とのオープン戦(ナゴヤD)で実戦初登板し、同ドームで中10日のペースで登板を重ね、順調ならば、開幕2カード目の4月5日の巨人戦(同)で公式戦デビューするプランが判明した

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000264-sph-base

    【【朗報】中日松坂、順調なら本拠地開幕カードの巨人戦でデビューへ】の続きを読む

      mixiチェック
    no title
    1: 風吹けば名無し 2018/02/16(金) 09:22:40.92 ID:AOC+lx+J0
     中日・松坂大輔投手(37)が15日、ブルペンで報道陣をシャットアウトし、投球練習をした。ほぼ立ち投げで変化球を交えて約60球。集中できる環境を設けてフォームのチェックに時間を割いた。

     練習試合が始まって10分後の午後1時10分。背番号99がブルペンに向かった。松坂の意向を受け、球団が報道陣のシャットアウトを判断。「僕の中で決めていたこと。明日(16日)のために投げただけ」。16日に予定する5度目のブルペン入りに備えて、周囲の視線を気にせずにフォームを確認するためだったようだ。

     視察に訪れた白井オーナーとも初対面。「その調子でしっかりやるといい成果が出るから」と言葉を掛けられ、ガッチリ握手を交わした。竜の総帥からエールをもらったビッグネームは、ペースを乱すことなく完全復活ロードを歩む。

    【中日・松坂、報道陣遮断してフォーム確認に60球 白井オーナーからもエール】の続きを読む

    このページのトップヘ