ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    タグ:キャッチャー

      mixiチェック
    Xehd9EY
    1: 風吹けば名無し 2020/12/25(金) 19:05:47.94 ID:/Wz+ioAG0XMAS
    はい
    Xehd9EY

    【デルタによる捕手の守備評価で中日木下がダントツトップに】の続きを読む

      mixiチェック
    6fd98163
    1: 風吹けば名無し 2020/12/17(木) 12:44:46.77 ID:rVOuCxdl0
    捕手については、2018年よりDELTA取得の投球データを使ったフレーミング(捕手がより多くのストライクを奪うための捕球)も一部アナリストは評価の対象としています。
    木下選手はこのフレーミング評価で他の追随を許さぬ圧倒的な成績を残しました。
    捕手にはほかにも、盗塁阻止などさまざまな能力が求められますが、ほかの要素では覆しきれないほどの圧倒的な大差をつけたことが、木下選手がトップの評価となった最大の理由となったようです。
    中日投手陣躍進の裏に、木下選手のフレーミングがあると評価するアナリストもいました。

    甲斐拓也選手(ソフトバンク)はほかの項目では好成績を残しましたが、フレーミングがマイナス評価で4位に。
    ほかには大城卓三選手(読売)や梅野隆太郎選手(阪神)など、セ・リーグの捕手の健闘が目立つというコメントもありました。
    https://1point02.jp/op/gnav/column/bs/column.aspx?cid=53663 

    【中日木下、12球団のレギュラーの中でフレーミングが最も上手かった】の続きを読む

      mixiチェック
    sge027-jlp01127255

    https://www.jiji.com/jc/d4?p=sge027-jlp01127255&d=d4_gra

    1: 風吹けば名無し 2020/12/15(火) 01:20:29.21 ID:BdXn3rl80
    西武 2019年 森友哉 23本
    巨人 2013年 阿部慎之助 32本
    阪神 2010年 城島健司 28本
    福岡 2009年 田上秀則 26本
    日公 2004年 高橋信二 26本
    ヤク 2004年 古田敦也 24本
    中日 2002年 谷繁元信 24本
    横浜 2001年 谷繁元信 20本
    オリ 1984年 藤田浩雅 22本

    【【13球団別】最後にホームラン20本以上記録した捕手一覧】の続きを読む

      mixiチェック
    BB16A1X7.img

    https://www.chunichi.co.jp/article/87078

    1: 風吹けば名無し 2020/12/02(水) 10:24:39.70 ID:5brOqBOsp
    大城(巨人)
    93試合 .270 9本 41点 OPS.751 盗塁阻止率.340

    梅野(阪神)
    98試合 .262 7本 29点 OPS.723 盗塁阻止率.333

    木下(中日)
    88試合 .267 6本 32点 OPS.705 盗塁阻止率.455

    戸柱(横浜)
    96試合 .212 5本 23点 OPS.552 盗塁阻止率.352

    會澤(広島)
    79試合 .266 7本 36点 OPS.774 盗塁阻止率.222 

    西田(ヤク)
    69試合 .232 7本 20点 OPS .682 盗塁阻止率.277
    https://npb.jp/bis/2020/stats/lf_csp2_c.html 

    【セパ12球団、正捕手成績比較wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      mixiチェック
    show_img.php

    http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190506-10

    5: 風吹けば名無し 2020/11/23(月) 20:16:35.95 ID:guqvnX0R0
    2000安打以上4人 
    野村克也 2901 
    阿部慎之助 2132 
    谷繁元信 2108 
    古田敦也 2097 
    https://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-1982.html 

    【捕手の2000安打、4人しかいない】の続きを読む

    このページのトップヘ