ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    タグ:大島洋平

    20190927-00000208-sph-000-3-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000208-sph-base

    240: 風吹けば名無し 2019/09/27(金) 21:08:21.22 ID:QtCuKB6SM
    最終戦だけはなぜか勝つ 

    【【勝ち】中日ファン集合【うなガッツ】9/27】の続きを読む

    1D46827F-3413-42ED-8387-63D586637BEB
    1: 風吹けば名無し 2019/09/26(木) 12:03:45.11 ID:C3TQwG58p
     高めの真っすぐを巧みなバットコントロールで、左翼線へはじき返した。6回、中日・大島洋平(33)が安打数リーグ単独トップとなる左前打を放った。
    さらに7回には内寄りの真っすぐを強振。一、二塁間を切り裂く右前打でマルチ安打をマークした。

    【画像】 7回裏、福田の中前適時打で生還し、笑顔を見せる大島

     この2安打で今季安打数は173本に。「普段通りできたかな」と振り返ったが、並んでいた巨人・坂本勇との争いから頭ひとつ抜け出した。
    残り3試合。巨人は残り2試合。坂本勇より打席に立つ回数は多いはずで、10年目にして初の打撃部門のタイトル、最多安打が現実味を帯びてきた。

     オフに「今まで以上にパワーを上げる」と、筋力アップ系のトレーニングを増やした。全ては「1年間ケガしないため」。超ハードな練習で作り上げた屈強な肉体。
    ただ、シーズン途中、大きな試練を迎えていた。

     6月6日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)。右翼へ大飛球を放った。決死のヘッドスライディングでランニング本塁打かと思われた。結果はアウトと微妙な判定に泣き、物議を醸した本塁でのクロスプレー。
    実はこの際、「あばらが折れた」。昨年も6月に左手首に死球を受け、骨折しながらプレー。「また6月に、です」と、今年は肋骨(ろっこつ)骨折との戦いを強いられた。

     言い訳にする男ではない。決して口には出さず、試合に出続けた。普通にプレーできるようになり、「乗り切った。気合でしたよ」と笑ったのは7月中旬だった。

    【中日大島、6月にあばら骨を折ったまま出場していた 】の続きを読む

    このページのトップヘ