ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    タグ:大野雄大

      mixiチェック
    663255072fce45d6398ee483da33025b_1

    https://www.chunichi.co.jp/article/82887

    14: 風吹けば名無し 2020/07/03(金) 20:54:36.45 ID:Y8aOsWu10
    まあしゃあない 

    【【大野】中日ファン集合【復活】7/3】の続きを読む

      mixiチェック
    9586a65bc6002d01ce276089ec0485b4_1

    https://www.chunichi.co.jp/article/82277

    5: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 21:16:58.49 ID:EOxBoBCk0
    しゃあああああああ 
    3タテで借金完済じゃあああああああ 

    【【5割復帰】中日ファン集合【岡野初勝利】7/2】の続きを読む

      mixiチェック
    27010e006f45200a60dffc39c6ff09c7_1

    https://www.chunichi.co.jp/article/79466?rct=dragonsnews

    1: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:31:53.89 ID:DwMpyztkd
    「山田哲への提示は少なくても年俸6億円の5年以上。丸以上の最高条件で総額は35億円級になる見込みです。翌年の大瀬良は今季と来季の成績次第だが、年俸3億~4億円×4年で総額17億円級となるかもしれません」

    28日に大勝した巨人・原監督が狙うは…(C)共同通信社

     巨人は昨オフ、2人のFA補強に失敗したが、今度は負けられない。今オフには山田哲の他に、中日の開幕投手・大野雄大(31)も調査する可能性がある。

    「昨季はノーヒットノーランを達成するなど防御率2・58で初タイトルを獲得した。巨人は投手陣に不安を抱えている。
    FA補強は2人まで可能なので、実績のある左腕は獲得しておいて損はないと手を挙げる可能性が高い。大野雄も山田哲同様、昨オフに3年契約を蹴り1年契約を結んでいる。行使の可能性は十分ありそうです」(中日OB)

     大野雄には年俸2億円の2、3年契約で総額は5億~7億円。巨人は2年がかりで合計60億円規模の超大型補強を敢行するようだ。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bfaee2ed5ca864b4bbb6450c5b5888508b02ba58?page=2

    【ゲンダイ「巨人がFAの中日大野を調査する可能性がある」】の続きを読む

      mixiチェック
    no title
    1: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 20:41:20.09 ID:jyxocHOY0
    https://dragons.jp/news/2020/fc20061801.html
    no title


    ファンクラブ限定WEB企画「ファースト クオリティ・スタート チャレンジ supported byアサヒビール」を開催いたします。
    ナゴヤドームでの2020年公式戦において、
    最初のクオリティ・スタート(先発投手が6回以上を3自責点以内に抑えること)を達成するドラゴンズの投手を予想してください。

    【中日ドラゴンズ、誰がナゴドで最初にQSを達成するか予想するクイズを始める】の続きを読む

      mixiチェック
    20200612-00000609-sanspo-000-3-view
    1: 風吹けば名無し 2020/06/12(金) 21:28:11.99 ID:+bfd/Q3x0
    6月19日のヤクルト戦(19日、神宮)で開幕投手を務めることが内定している中日・大野雄大投手(31)が12日、
    最終調整となるDeNAとの練習試合(ナゴヤD)に先発し、5回11安打6失点だった。

    「失点しましたが、ボール自体はしっかり投げられているので問題はないかなと思う。
    あとはボールの高さ。低めには意識しないと投げられないので、しっかり意識してやっていきたい」

    一回にいきなり連打を浴びると、連続奪三振で2死としながらロペスに左中間を破られ、先制の2点を献上。
    その裏にアルモンテに同点弾の援護をもらったが、二回も今永、梶谷、佐野に適時打を浴びて3失点。高めに浮いた直球を捉えられるシーンが目立った。
    三回をゼロで切り抜けて立ち直ったかと思われたが、四回には新助っ人のオースティンに左翼へのソロを被弾。
    開幕をちょうど1週間後に控え、まさかの炎上となってしまった。
    ボールの高低に対する反省を生かし、「6・19」ではエースらしい投球を披露する。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd95b925038c5bf81dd70d85a9cb2974f8f790d4

    【開幕投手内定の中日・大野雄、まさかの5回6失点炎上も「問題ない」】の続きを読む

    このページのトップヘ