ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    タグ:立浪和義

      mixiチェック
    9465fdc45afc13fbcd99f1c42a41fcf9_1
    1: 風吹けば名無し 2022/01/09(日) 10:20:36.06 ID:hc3JtHdG0

    【落合博満「立浪監督は野球には真面目ですよ」】の続きを読む

      mixiチェック
    20220106-OHT1I51239-T
    1: 風吹けば名無し 2022/01/08(土) 10:26:43.20 ID:sXKHezXw0
    12球団の本拠地で最大級の広さを誇るバンテリンD。テラス席を設置すれば本塁打は増える。 

     「何だかんだ言って、野球は本塁打が出ないと楽しくない。毎回2―1の試合とかではね。若い選手が育ってきたら球場を狭くするべきだと思っている。ただ、今年すぐにというのはちょっと苦しい状況。早く野手をたくさん育てて球団にお願いしたい。ファンの皆さんが喜ぶ形にしたい」
    https://hochi.news/articles/20220106-OHT1T51170.html?page=1  

    【中日立浪監督、将来的なHRテラス構想を語る「若い選手が育ってきたら球場を狭くするべきだと思っている」】の続きを読む

      mixiチェック
    TePqWo0
    1: 風吹けば名無し 2022/01/05(水) 10:56:56.54 ID:VCVQ9b0L0
    SOXfD3U
    TePqWo0
    93ifFGf
    8u6WyyN

    黒ひげ危機一髪で2連続一発大当たりを出した模様
    動画28:00~ 【【朗報】立浪監督、とてつもない勝負運を見せつける】の続きを読む

      mixiチェック
    20220102-00000019-chuspo-000-1-view
    1: 風吹けば名無し 2022/01/04(火) 19:49:22.57 ID:EVMFziLp0
    ―ここだけには負けたくないというチームはありますか  横浜市・八木下桃太(18)学生

    「これは全部ですね。巨人、ヤクルトは力があるし阪神も昨季前半あれだけ独走した。DeNAも広島も戦力的にみたら力がある。どこかが劣るということはないですね」

    【中日立浪監督「セリーグは戦力的に劣っているチームはない」】の続きを読む

      mixiチェック
    202112300000784-w1300_0
    1: 風吹けば名無し 2022/01/04(火) 13:01:20.76 ID:+l+1QIi8d
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3357ffddc26df80edf6100ab8491dee47eb46ff3 

    -これまでと違う正月に 

    立浪監督(以下立浪) 緊張感を持ちながら生活できています。秋季キャンプで練習して、若い選手がどれだけ伸びてきているか。春季キャンプが楽しみ。開幕まで100日ないし、そう考えたらあっという間。 

    -投手力を中心に、さらなるセンターラインの強化がテーマに? 

    立浪 まずはディフェンス。投手を再整備する。さらにしっかりさせるのが絶対条件。8回までいったらドラゴンズは落とせない。 

    -開幕投手は? 

    立浪 決めています。描いているものはあるので、もう少ししてから発表します。 

    -開幕投手の持つ意味 

    立浪 選ばれたら中心になって投手陣を引っ張ってもらう。各球団のエースとずっと当たる。勝てば乗っていける。先陣を切ってもらう投手なので期待する。 

    -大野雄、柳が軸か 

    立浪 2人だけではいけない。小笠原、福谷も軸になってもらわないと。小笠原も規定投球回に達したのは大きな自信だけど、試合を作るだけでは給料が上がらない。6回で代わるとだいだい試合はもつれる。長いイニングを投げる準備をやっていかないと。勝野も面白い存在。梅津、ロドリゲス、松葉、笠原、清水…。このあたりが争い、勝ちがつくようにやってもらいたい。 

    -ローテは基本6人か 

    立浪 落合コーチは6人ではなく、中5日で回しながらの考えも持っている。これは春季キャンプに入って、適性をみて。又吉のポジションも先発から回る可能性はある。投手コーチが見て決めていく。迷った時は全て自分が判断する。 

    【中日立浪監督、ローテについて「落合コーチは6人ではなく、中5日で回しながらの考えも持っている。春キャンプで適性を見て」】の続きを読む

    このページのトップヘ