ドラ速~Dragons速報~

“ヘッダー“

中日ドラゴンズのなんJまとめブログ

    タグ:落合博満

      mixiチェック
    g
    1: 風吹けば名無し 2020/06/23(火) 12:26:42.60 ID:N3Dhyy0a0
    4番いけるぞ! 中日の新外国人ジョエル・グスマン外野手(26=オリオールズ2A)が2戦連続弾を放った。  
    23日、韓国LGとの練習試合(北谷)に4番一塁で先発し、中堅右へ完璧な第2号。  

    落合博満監督(57)は実戦でグスマンを4番で起用し続けており、シーズンで和田やブランコを押しのける可能性もありそうだ。  

    「僕はドミニカでも、アメリカでも、常に4番を打ってきた。1、2、3番への攻め方と、4番への攻め方が違うということも知っている。経験からどういう打順かは理解している」。  

    グスマンは4番起用について問われると、こう豪語した。天性のパワーゆえに昔から4番が「指定席」だった。  
    この日も上位打者への配球をじっくり観察する様は風格があった。  

    中日グスマン4番いける 2戦連発  

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20110224-740788.html

    【【2011/2/24】中日グスマン4番いける 2戦連発!】の続きを読む

      mixiチェック
    20190521s00001000252000p_view

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/05/21/kiji/20190521s00001173253000c.html

    1: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 02:55:02.14 ID:lJ6rm98P0
    誰やった?

    【野球見始めた頃の中日の4番打者wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      mixiチェック
    119397657437816419404
    1: 風吹けば名無し 2020/05/27(水) 17:18:51.71 ID:rbDii1ta0
    2004 1位  
    2005 2位  
    2006 1位  
    2007 2位(日本一)  
    2008 3位  
    2009 2位  
    2010 1位  
    2011 1位 

    【落合監督時代の中日の思い出】の続きを読む

      mixiチェック
    20200523-01864128-tospoweb-000-6-view

    この年は落合監督が3年契約の最終年。 
    記者は退任の可能性を探り、当初から取材を重ねたが、どこをつついても、時にはため息まじりに「続投でしょう」との声しか聞こえてこなかった。
    それは佐藤代表もしかり。しかし、このときの取材では発言が180度変化したのだ。

    あとで分かったことだが、当初は“落合降ろし”に積極的ではなかった坂井社長が、このころ解任へ一気にかじを切ったという。
    そのきっかけは落合監督が発した言葉だった。

    ファンサービスについて話している中で落合監督が「ファンなんてどうだっていいんだ!」と吐き捨てたという。
    この言葉を聞き坂井社長は「この人では無理だな」と落合解任に動くことになった。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e1a4c7c6d14eebae8a2e9a2735835b330e90f364

    【【東スポ】解任にかじを切らせた落合監督のあり得ないひと言】の続きを読む

      mixiチェック
    20200520-01858068-tospoweb-000-10-view
    1: 風吹けば名無し 2020/05/20(水) 11:51:32.52 ID:Cgvn9dCDp
     実は落合監督はアニメ「ガンダム」シリーズの大ファン。ガンダムといえば多くの人はアムロやシャアが登場する「機動戦士ガンダム」(1979年)を思い浮かべるはずだが、そこは普通とは違うオレ流だ。
    ガンダムにはまったきっかけはファンの間でも評価が分かれるマイナーな作品「機動新世紀ガンダムX」(96年)であった。さらに「機動戦士ガンダムSEED」(02年)
    「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(04年)などのテレビシリーズだけでなく「0080ポケットの中の戦争」「0083STARDUST MEMORY」「第08MS小隊」といったガンダムのオリジナルビデオアニメ作品も全てチェック。
    そんな中でも「機動戦士ガンダム00」は落合ファミリーを最も熱くさせた作品であった。

     ガンダム00が放送された07年から09年にかけて福嗣さんが明かしてくれた落合監督のガンダム愛エピソードは枚挙にいとまがない。
    当時の落合監督の携帯電話の着信音はL’Arc~en~Cielが歌うガンダム00の主題歌「DAYBREAK’S BELL」。福嗣さんがガンダム00の放送日にドラゴンズを応援するため球場に行こうとすると「お前は来なくていい。お前にはガンダムを録画するという重要な任務がある。ガンダムが録画できなかったらどうするんだ」とストップをかけていた。

     落合家では一時、ガンダム00のキャラクターのセリフを使って会話をすることが流行。落合監督は愛車・アストンマーチンのエンジンを掛ける際には「トランザム!」と発声し(注・トランザムとは「ガンダム00」に登場するモビルスーツのスペックを大幅に向上させるシステムのこと)
    信子夫人から「買い物に行ってきてね」と頼まれると「望むところだと言わせてもらおう」と主人公のライバル役であるグラハム・エーカーのセリフをまねして答えていたという。

    【落合博満さん、愛車のエンジンをかける際に「トランザム!」と発声していた…】の続きを読む

    このページのトップヘ